法人向け英語の通信教育コース・よくある質問

ビジネスで使える英語を習得できる企業法人向け通信講座に寄せられるよくある質問を紹介。

おかげさまで創業40周年

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら受付時間 9:30〜17:30 月〜金

フリーダイヤル 0120-975-841 お問い合わせフォームへ
通信教育・教材のよくある質問

Corporate services

通信教育・教材のよくある質問にお答えします

教材についてのご質問 教材の選び方についてのご質問 その他のご質問

教材についてのご質問

Q.

通信教育で使う教材の特長を教えてください。

A.

リンゲージの教材は全てビジネスにフォーカスした内容になっております。たとえばビジネス英語を強化したいなら「ビジネススキル教材」で、リスニング力やスピーキング力、ライティング力など、お客様の業務に合わせて伸ばしたいスキルを身に付けて頂くことができます。また「TOEIC®対策教材」では、目標とするスコアを突破するためのノウハウが満載で、ご導入のお客様より、高い評価を頂いております。ビジネスに特化した通信教材をお探しなら、リンゲージまでお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る
Q.

リンゲージで習得できる「ビジネス英語」とは何ですか?

A.

リンゲージのビジネス英語とは「MBAで学ぶようなビジネス専門用語」のことではありません。英語で仕事をするための語学力というように位置づけています。なぜなら、難解な専門用語を使わなくても日常の業務は推進できるからです。とくに重要なのは電話やメール、会議、プレゼンテーションでの英語力。ここでの表現を習得すれば、ビジネスの相当な部分をカバーできるといっても過言ではありません。

一覧へ戻る
Q.

内定者へ受講を検討していますが、効果はありますか?

A.

リンゲージの通信教育にはゴールがきちんと用意されており、「英語力の向上」「内定者フォロー」の2つの効果が期待できます。「英語力の向上」については効果が見えないことも多いのですが、リンゲージならそのノウハウがあります。詳しくはお問い合わせください。また「内定者フォロー」についても多くの企業法人様にご満足頂き、2008年度の入社前研修のお取引数においては144社(うち新規のお取引先が35社)という実績がございます。

一覧へ戻る
Q.

日々忙しく勉強時間が取れないのですが、1日どのくらいのペースで学習を進めていけば良いでしょうか?

A.

リンゲージの通信教育は20分〜30分を1週間に5日間、3ヶ月継続いただきますと修了できる内容になっております。短時間でビジネス英語の習得を目指すなら、リンゲージまでお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る
Q.

通信教育専門会社の教材との違いを教えてください。

A.

リンゲージの通信教育・教材は、企業で働く日本人ビジネスマンの英語力を強化するために開発しております。対象は「働く社会人」ですので、学習のポイントは押さえつつも毎日の学習分量を少な目に設定し、お仕事で忙しい方にも学習しやすくなっています。また教材開発では、お客様のご意見を取り入れ、より実践的な内容になっていますので仕事上、英語を使わなければならない方や英語力を養いたい方におすすめです。

一覧へ戻る

教材の選び方についてのご質問

Q.

英語は全くダメなのですが、おすすめの教材を教えてください。

A.

TOEIC®スコア、200点〜300点程度でしたら、次の講座をおすすめします。

ビジネス英語を身につけたい……「ゼロから学ぶ!はじめてのビジネス英語」がおすすめです。電話応対や英文メールのライティングの基礎、上司への報告など、ビジネスシーンでのコミュニケーション力を養うことができます。

一覧へ戻る
Q.

たくさんある教材のなかから、受講者に合ったものを選ぶコツを教えてください。

A.

教材選びのポイントは次の2点をご確認頂くことで、受講者に合ったものを選択することができます。

1)学習の目的……英語を学習する目的は、受講者によって異なります。TOEIC®のスコアアップが目的なのか、仕事で使える英語を取得したいのか、ゴールを明確にしましょう。目的にマッチしない教材では長続きいたしません。

2)現在のレベル……受講者によって英語のレベルは異なります。受講者ごとに現在の英語レベルを正確に把握しましょう。たとえば、TOEIC®400点の受講者が大幅なスコアアップを狙い、TOEIC®650点の通信教育を受講されても消化不良を起こしたり、途中でギブアップすることにもなりかねません。受講者のレベルに合った教材や、ややチャレンジングなものを選ぶことが上達の近道となります。

一覧へ戻る
Q.

修了するまで続けられる教材選びのポイントを教えてください。

A.

最後まで学習できる教材選びのポイントは「受講者のレベルと学習目的にマッチした教材を選ぶ」ことです。そして最後まで続けるには、毎日時間を決めて学習することが最も大切。徐々に英語力が身に付き、やがてそれが自信へとつながり、楽しみながら継続することができます。

もちろんリンゲージの通信教材は、修了率の高さにおいても定評。その理由は毎日続けることを前提に開発されたテキストだからです。学習のポイントは押さえながらも、分量を少な目に設定していること、そして1日に30分だけという短時間で済むよう開発。修了まで続けられるビジネス英語の通信教材なら、リンゲージにお任せください。

最後まで学習できる教材選びのポイントは「受講者のレベルと学習目的にマッチした教材を選ぶ」ことです。そして最後まで続けるには、毎日時間を決めて学習することが最も大切。徐々に英語力が身に付き、やがてそれが自信へとつながり、楽しみながら継続することができます。

もちろんリンゲージの通信教材は、修了率の高さにおいても定評。その理由は毎日続けることを前提に開発されたテキストだからです。学習のポイントは押さえながらも、分量を少な目に設定していること、そして1日に30分だけという短時間で済むよう開発。修了まで続けられるビジネス英語の通信教材なら、リンゲージにお任せください。

一覧へ戻る
Q.

初級者ですが、英語レベル650点〜795点の「SUCCESS・ビジネス英語のエッセンス」教育教材を受講できますか?

A.

通信教育の効果を最大限に生かすために、ぜひご自身のレベルにあった教材をお選び下さい。初級レベル(TOEIC®400程度)でビジネス英語の学習をご希望でしたらTOEIC®スコア250点〜470点対象の「ゼロから学ぶ!はじめてのビジネス英語」やTOEIC®スコア450点〜645点対象の「SURVIVOR・ビジネス英語は怖くない」のご受講をおすすめします。

一覧へ戻る
Q.

とりあえずTOEIC®スコアを上げたいのですが……。

A.

ご自身のレベル・目標にマッチしたTOEIC®対策教材で学習されるのが一番ですが、それだけでは不十分です。添削が返送されましたら必ず解答を確認し、テキストの復習をして誤答の理由を正確に理解してください。何事も「復習」をして、はじめて正しい理解・成長が得られます。

一覧へ戻る

その他のご質問

Q.

初心者なのに仕事で英語を使わなくてはいけません。何から手をつければいいでしょうか?

A.

まずは英語の勉強をはじめることが大切です。リンゲージの通信教育なら、初心者から上級者まで幅広いレベルに応じたビジネス英語の通信教材をご用意しております。なかでも「ゼロから学ぶ!はじめてのビジネス英語」がおすすめです。

一覧へ戻る
Q.

最終提出期限に間に合わないと、添削してもらえなくなりますか?

A.

リンゲージの通信教育は、全て3ヶ月間の猶予期間が設けられています。最終提出期限を過ぎてしまっていても猶予期間内であれば添削してお戻しいたします。

一覧へ戻る
Q.

eラーニングと通信教育とどちらを受講するか悩んでいます……。

A.

eラーニングと通信教育にはそれぞれ異なるメリットがあります。受講者の学習環境や性格などを考慮した上で、お選びください。

eラーニングのメリット 通信教育のメリット
  • 職場や自宅などで学習できる
  • 自分のペースで学習できる
  • ゲーム感覚で学習ができる
  • 採点のレスポンスが早い
  • 持ち運びが自由でいつでも気軽に学習できる
  • 自分のペースで学習できる
  • 重要ポイントに書き込みできる
  • テキストやCDが手元に残り、参考資料として活用できる
  • 受講期間を超過しても添削してもらえる(リンゲージの猶予期間制度)
  • 理解できるまで何度でも繰り返し学習できる
  • フィードバックが丁寧で復習する部分が明確化する
一覧へ戻る
Q.

通信教育の修了条件を教えてください。

A.

リンゲージの通信教育は全て3ヶ月コースとなっておりますが、プラス3ヶ月の猶予期間を設けています。この猶予期間内までに修了された受講者には修了書を発行いたしております。但し、企業でのお申し込みの場合、個別に修了基準を定めているケースもありますので、通信教育のご担当者様へお尋ねください。

一覧へ戻る
Q.

複数コースの同時受講は可能ですか?

A.

複数のコースを同時に受講することは可能ですが、ご負担が増える可能性がありますので、できれば1コースずつ学習されることをおすすめします。

一覧へ戻る
Q.

学生ですがリンゲージの通信教育は受講できますか?

A.

もちろんご受講いただけますが、学割制度はございませんので、あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る