学校法人向けの教育支援・中学、高校向けオンライン英会話授業

中学・高校向けのオンライン英会話授業をご紹介。

おかげさまで創業40周年

お電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら受付時間 9:30〜17:30 月〜金

フリーダイヤル 0120-975-841 お問い合わせフォームへ
中学・高校向けサービス

School education support services

中学・高校向けオンライン英会話授業

PC・タブレットを使用した、中高生向けのオンライン英会話コンテンツです。1対1のレッスンであるため、生徒一人ひとりが発話する時間を大きく確保しております。また、学習内容では高等学校で勉強した内容をアウトプットすることにより、生徒様の総合的な英語力を飛躍的に向上させることが可能となっております。また通常のスカイプ英会話とは異なり、弊社の専用アプリケーションと管理システムを導入することで、心配されるセキュリティ面も万全を期しております。

中学・高校向けオンライン英会話授業

リンゲージが選ばれる理由

1. マンツーマンによる発話時間の確保
1対1の形式で従来のALTのネイティブ講師による授業に比べ、一人一人が発話する時間を大きく確保できます。
2. 担当講師の高い指導クオリティ
採用率1%という、業界内で最も高い基準の採用試験を通った講師が授業を担当します。
3. 高校導入に対応したカリキュラム
オリジナル教材を用いて、中学・高校の学習内容をアウトプットすることにより、総合的な英語を飛躍的に向上させます。
4. セキュリティ対策も万全
専用サイト・アプリケーションにより、Skype等よりも、より教育機関での導入にふさわしいセキュリティ対策を導入しております。
5. インフラ調査のサポート体制
専属スタッフが回線速度、使用デバイスなどのインフラ環境の詳細調査を行います。

オリジナル教材の使用

教材

リンゲージの長年の企業研修で培った指導メソッドを凝縮し、中学・高校に特化した教材を開発いたしました。また、中学・高校で習う単語や表現を盛り込み、スピーキング以外の学習効果を高めるためにも非常に効果的な内容となっております。使用する教材に関するご質問、ご要望も、お気軽にご連絡ください。

必要物・導入までの流れ

  • PCまたはタブレット

    PCまたはタブレット

  • インターネット接続

    インターネット接続

  • マイク付きヘッドホンまたはイヤホン

    マイク付きヘッドホン
    またはイヤホン

オンライン英会話がどのようなものか把握し、生徒様の反応を確認した後に、導入するかを決めて頂ける「無料体験授業」をご用意しております。インフラ環境の整備や、実際の導入までの細かなサポートに関しても、お手伝いさせて頂きます。

①無料体験授業

無料体験授業は、先生、生徒に関係なくどなたでも参加可能です。必要に応じて、デバイスはリンゲージがご用意いたします。

②レッスン形態の決定

正規の授業内、放課後、部活、朝学習等、どのようにオンライン英会話授業を活用するかを決定します。

③インフラ環境の整備

弊社の専属スタッフがインフラ環境の調査を行います。オンライン英会話をスムーズに行えるように必要に応じて、デバイスや回線のご助言もさせて頂きます。

④導入

インフラ環境の整備、レッスンの必要物の確保、実際の人数での運用テストの完了後、正式に導入となります。

導入高校様の声

東海大学菅生高等学校

1対1で会話することで、発話時間を確保できるとともに、生徒1人1人の学力に応じて、授業を展開できます。

オンライン英会話は生徒1人1人が1対1で話すことになります。生徒の積極性にムラが出てしまう従来のやり方に比べ、生徒が積極的にならざるを得ないということ、生徒の学力に合わせて授業を展開できるこということで、オンライン英会話を導入しました。
生徒も保護者の方も最初は驚いた様子でしたが、生徒からは楽しいという声が多いです。また生徒は話せなくて悔しい思いをすることが多く、次回はこういうことを話したい、ということで、生徒が自ら調べて次の授業に臨む、という姿をしょっちゅう見るので、非常に良い効果があると感じております。授業が終わった後は、生徒のいい意味での疲れ方が激しいです。
リンゲージを選んだ理由は、テキストが非常に良かったということがあります。テキストが1から作られており、また費用も非常に導入しやすいものでした。また現場の意見をフレキシブルに汲んでいただいて対応して頂きました。
接続、回線、デバイスの問題もありますが、リンゲージに何回も足を運んでいただき、回線の状況、タブレットの調整を相当の回数やっていただき、実際に実施できました。

河野一昭先生

東海大学菅生高等学校
特進クラス 主任
河野 一昭先生

YouTubeでも河野先生のコメントを公開しております。是非ご覧ください。

本郷学園 本郷中学校・高等学校

大学入試も見すえたスピーキング強化へ。質の高い講師陣のおかげで英語に対する生徒の姿勢が変わりました。

英語の4技能をしっかり鍛えたいと考えた時、40人規模のクラスではどうしてもスピーキングの部分が手薄になってしまいます。この問題にどう対応するのかが、英語科としての大きな課題でしたが、オンライン英会話では、これまでの英会話の授業に比べて、生徒と教員が一対一で話せる時間がより長く持てるのが魅力です。
ただ単語を覚えるだけではなく、覚えて声に出す、自分で表現してみるということが自然な流れで進められ、最初ドギマギしていた生徒も、しだいに外国人講師との会話にコミットしていこうという姿勢がみられるようになってきました。
導入にあたっては、器具や設備の取り扱いや不具合への不安がありましたが、非常に手厚くアフターフォローしていただき、とてもありがたかったです。
リンゲージの講師はどなたもすごく一生懸命で、表情豊かに生徒を何とか導いてあげようという姿勢が素晴らしく、感動しました。講師の質の高さはリンゲージの強みの一つではないでしょうか。
授業プランに関しても、ただ講師とフリートークをするというのではなく、リンゲージでは1回1回の授業に目標がたてられ、やろうとしていることが明確です。予習、実行(授業)、復習の流れをスムーズに行うための工夫が、しっかり行われているのを感じました。
今後も英語におけるコミュニケーションの経験値を増やしながら、生徒一人一人が、表現できる世界の広がりを感じてくれたら、これ以上の喜びはありません。結果として大学入試の実績がついてくれればなおうれしいですね。

鹿島国裕先生

本郷学園 本郷中学校・高等学校
英語科主任 中学3年次担当
鹿島 国裕先生

YouTubeでも鹿島先生のコメントを公開しております。是非ご覧ください。

日出学園 日出中学校・高等学校

留学準備として発話力の強化を。英語で表現する力だけではなくプレゼンテーションや文章作成能力の成長にもつながりました。

国際コースでは合計2回、各3ヶ月間の短期留学が行われます。その短期留学をより濃密な時間にするためにオンライン英会話を導入しました。
通常の英会話の授業ですと教員1人に対して生徒複数という図式になり、生徒1人ひとりが話す時間を十分に確保できませんでした。また、一方通行のインプットが多いため、発話量が課題でした。オンライン英会話ではone-on-one形式なので、生徒1人ひとりが話す時間を十分に確保することができ、アウトプットが習慣化されるのが魅力です。
初めは緊張していた生徒も段々と発話量が増えていき、回数を重ねるうちに対話中に笑いが起きるほど楽しんで学べるようになりました。リンゲージの講師は初対面の生徒の英語力を即座に理解し、わかりやすい英語で話してくれるので、生徒からは「失敗を恐れずに話せるようになった」という声をよく聞きます。会話中に正しい文法も教えてもらえるので、細かい文法の間違いを気にせず積極的にコミュニケーションを取ろうとしているのを感じています。本校にはネイティブの外国人教員が4人いるのですが、マンパワーが限られてしまいます。そのため、25分間話し続けることができる環境はとても好評です。
教材も検定教科書では扱われない会話表現が多く使われており、トピックスも日本語文化に触れている設定のため親しみやすい内容です。授業内容も説明・解説、実際の会話、復習・振り返り、とただ会話をして終わりではなく、準備や、振り返りの共有ができるということが特徴的だと思います。発話力以外にも、英語でのプレゼンテーションや文章を作成する能力ももちろん上がっています。
リンゲージの授業はスカイプではなくオリジナルシステムを使っているためセキュリティ面でも安心できます。また、何か問題があればリンゲージのスタッフが電話ですぐにサポートしてくれるところも魅力的です。
生徒には将来的には「英語で学べる」人間になってもらいたいと思っています。世界に出たときに自分の国の文化を英語で発信できる、留学した後も使える英語を身につけてもらいたいです。

東隆道先生

日出学園 日出中学校・高等学校
国際コース 英語担当
東 隆道先生

YouTubeでも東先生のコメントを公開しております。是非ご覧ください。